ゼニ

ゼニ

ゼニというのは価値との交換手段であって価値そのものではない。

ゼニというのは単なる紙の上にインクをのせただけのもの。ピカピカ光る金属の塊、あるいは通帳に記載された数字。プラスチックのカードに記録された情報にしか過ぎない。

古代では貝殻や巨大な石が通貨であった時代もあった。

ゼニというものは価値の交換手段なので価値と交換されて初めて意味を持つ。

食べ物と交換する。電車に乗る。整体マッサージを受ける。クルマを買う。家を建てる。

ゼニは使って初めて完成品と言ったのは邱永漢氏であったか。

2015年4月29日|

カテゴリー:経済